矯正歯科

矯正の目的は「正しい噛み合わせ」と「美しい歯並び」を得ること

矯正歯科治療の目的は、不正な位置にある歯を少しずつ動かして、「正しい噛み合わせ」と「美しい歯並び」を同時につくりだすことです。矯正治療によって、噛む機能が向上すれば、正しい方向への「あご」の発育が起こり、顔全体の感じが良好に変化するなど体の健康およびその容姿にもかかわる大切な治療です。

矯正歯科治療

小児矯正

小児矯正は、「Ⅰ期治療」と「Ⅱ期治療」に分けられます。Ⅰ期治療は、乳歯列期や混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する歯列)に実施します。歯が並ぶための土台となる顎の骨の成長を促すことで、永久歯がしっかりと生え揃うためのスペースをつくります。Ⅱ期治療は、永久歯に生えかわってから実施します。歯にブラケット&ワイヤーを装着して、歯を動かすことで、歯並びを整えます。Ⅰ期治療で永久歯がきちんと並ぶためのスペースが完成すれば、Ⅱ期治療そのものが不要になったり、健康な歯を抜歯するリスクを回避できたり、部分的な矯正で済むケースが多くなります。

小児矯正が求められる背景

近年は、食の軟食化が進んでいます。子供の頃から軟らかい食事が主体となり、噛む回数が減っています。そのため、顎が発達せずに小さくなっています。しかし、栄養状態は良くなっているので、一本一本の歯は大型化しています。顎の骨が小さくなっているにも関わらず、歯は大型化しているために、歯の生えるスペースが不足し、斜めに生えてしまったり、重なりあって生えて、歯並びの乱れが起きているのです。

小児矯正が求められる背景

顎のスペースが狭いことによる問題

上顎が小さいと鼻孔への気道も狭くなります。そのため、顎が小さいお子様は鼻がつまり、口呼吸になりがちです。鼻は湿度・温度調節、汚染物質の除去など呼吸を調節する機能を持っていますが、口にはそんな機能がありません。口から取り込まれる空気は、喉を直撃しリンパ組織に損傷を与え、免疫を低下させアレルギーを引き起こすと考えられています。
顎の大きさを適切に誘導すれば、鼻呼吸しやすい環境をつくることができます。その結果、免疫の低下やいびきが改善されて、アレルギー症状の緩和や学力向上の期待ができると言えます。また、集中力向上や運動能力向上など、歯並び改善以外にも多くのメリットが報告されています。

顎のスペースが狭いと発生する可能性のある症状

  • 顎のスペースが狭いと鼻腔も狭くなる→呼吸がしづらくなる
  • 舌が収まるスペースが小さくなり、舌が喉の後方にずれる。→呼吸がしづらくなる
  • 呼吸がしづらくなると、いびきや口呼吸になりやすくなる
  • 口呼吸になると、免疫が低下し喘息、鼻炎、アトピーが悪化することが確認されている
  • いびき等で酸素が脳へ供給されづらくなると、脳の発達に影響が出て学力が低下する
顎のスペースが狭いことによる問題

健全な成長発育を
目指す顎顔面矯正

上記のように、歯が生え揃うスペースが足りない場合に有効な治療方法が「顎顔面矯正」です。発育が終了してしまった成人の方は対象となりませんが、発育過程にある5歳~9歳までのお子様であれば、矯正治療により発育を促してあげれば、正常な発育の軌道にのります。

顎顔面矯正では、主に「急速拡大装置」と呼ばれる専用の器具を装着します。上顎の骨の正常な成長を促し、上顎の骨全体を広げ発育をコントロールしま す。そして、正常に発育した顎の骨に永久歯が生え変わっていきます。
その結果、Ⅱ期治療となるブラケット&ワイヤー装置を着けなくても自然ときれいな歯並びを獲得できる可能性が高まります。また、歯を痛めることもなく矯正後の後戻りもほとんどみられません。

顎顔面矯正で主に
使用する装置

急速拡大装置

上顎の骨には「正中口蓋縫合」という繋ぎ目があります。そこで左右ふたつの骨に分割されています。急速拡大装置の中央部に組み込まれているネジを回すことによって、繋ぎ目から徐々に拡がり、上顎の骨が整えられます。その結果、骨の成長が促されて、永久歯が正しく並ぶスペースができます。この装置は固定式で、歯の裏側に装着します。したがって、あまり目立ちません。

急速拡大装置

リンガルアーチ

上顎の拡大がすすむと、下顎の歯列も調整する必要があります。下顎には、主にリンガルアーチという装置を用います。下顎の骨は上顎とは違い、ひとつの骨で構成されているます。したがって、同じように拡げることができません。内側に傾いている歯を起こすようにして歯列部分だけを拡げます。 この装置も固定式で、歯の裏側に装着しますので、あまり目立ちません。

リンガルアーチ

成人矯正

矯正治療を始める年齢に制限はありません。最近は、20代から40代の方を中心に子どもの頃から抱えていた歯並びのコンプレックスを解消するために歯列矯正を希望される方が増えています。矯正治療によって、歯並びが整うことで、美しい口元を手に入れることができます。 美しい口元は魅力的な笑顔を引き出し、その人の印象をより良いものにしてくれるでしょう。また、正しい噛み合わせを得られることによって、歯磨きしやすくなり、虫歯や歯周病の病原菌から歯を守りやすくなります。もちろん、食べ物がしっかりと噛めるようになれば、身体の内面からも健康になります。

マウスピース矯正

矯正治療を躊躇する原因のひとつは、「矯正装置が目立つ」ことにあります。矯正装置を装着したままの仕事や学校生活はちょっと……という方も少なくありません。
そういった方におすすめできるのがマウスピース矯正装置です。プラスチック製の透明マウスピースを使用しますので、装着していても目立ちません。人前に出る機会が多い方や見た目が気になる方にも安心して治療していただけます。

マウスピース矯正

マウスピース矯正のメリット

01

透明マウスピースなので
目立たない

02

周囲に矯正をしている
と気づかれにくい

03

取り外せるので
衛生的

04

ソフトな素材だから
痛みが少ない

05

金属アレルギーの
心配がない

06

矯正装置を気にせず
食事ができる

マウスピース矯正の装置

シュアスマイル・アライナー(Sure Smile Aligner)

シュアスマイル・アライナーは、歯・歯根・骨のすべてを立体モデル化して、バーチャルペイシェントと呼ばれる仮想患者を用いて治療計画を立てることができるマウスピース矯正システムです。その結果、安全で効果的な歯の移動を達成することが可能となりました。

マウスピース矯正の装置

シュアスマイル
アライナーの特徴

マウスピース素材

シュアスマイルのマウスピースは、審美性と機能性が高いだけでなく、力の伝達が均等に分散される素材を使用しています。

マウスピース素材

様々な症例に対応

上顎前突と呼ばれる出っ歯の症例にも適用可能です。マウスピースにスリットを加工することで、顎間ゴムの装着を可能にし、歯の移動をサポートします。

様々な症例に対応

ダミーを設置

歯と歯の隙間が3mm以上より大きい場合、ダミーを作成して、隙間を埋めることができます。内側から歯科用の樹脂を塗り、固めることで、隙間を目立たなくすることが可能です。

ダミーを設置

リンガル部分矯正

歯の裏側(舌側)にブラケットと呼ばれる矯正装置を着けて、そこにワイヤーを通して、ワイヤーの反発力で歯を動かしていく矯正治療をリンガル矯正と呼びます。
リンガル矯正では、上顎と下顎の歯の舌側に矯正装置を着けるので目立ちません。しかし、歯の裏側は表側と比べると凸凹が多く、調整が難しく治療期間は長くかかります。
そのため当院では、気になる前歯を中心に矯正するビセットライン矯正システムを導入しています。歯列を整えていく過程で、コントロール用マウスピースを併用することで、短期間で治療を終えることができます。ただし、臼歯部(奥歯)の咬み合わせが安定していることが適用条件となります。

リンガル部分矯正

リンガル部分矯正の特徴

裏側なので目立たない

使用するリンガル矯正装置は従来型のものより小さく、また歯の裏側に装着するため、周りに気づかれず矯正をすすめることができます。
また、マウスピース装置を併用する場合も、透明なので目立ちません、治療中の見た目が気になる方におすすめの矯正治療です。

裏側なので目立たない

痛みが少ない

前歯を中心とした部分矯正は全体矯正と比べると、歯を動かす本数が少なく、前歯は奥歯よりも動きやすいので痛みが少ないと言えます。したがって、矯正治療に伴う痛みが不安な方でも、安心して受けて頂けます。

痛みが少ない

期間が短い

一般的に全体矯正は、すべての歯を動かして、咬み合わせなどのバランスを整えながら治療を進めるため、治療期間は2~3年程度と長期間にわたります。
しかし、前歯の部分矯正は前歯のがたつきなど気になる部分だけを矯正しますので、半年から1年半程度の短期間で治療を終えることが可能です。

期間が短い

リンガル部分矯正の流れ

歯の移動

1.歯の移動

極細ワイヤーが、優しく歯を動かします。場合により、マウスピース装置を併用することで、短期間で美しい歯並びへと導きます。

調整

2.調整

ワイヤー治療に続いて、マウスピースで最終調整を行います。症状により、マウスピースだけを使用した治療計画を提案することもございます。

保定

3.保定

動的な矯正が終了したら、美しい歯並びを安定させるために保定をします。

矯正治療のリスクと注意点

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(シュアスマイル)による治療のリスク・副作用

  • 正しい装着方法で1日20時間以上使用しないと、目標とする治療結果を得られないことがあります。
  • 症状によっては、マウスピース型装置で治療できないことがあります。
  • お口の中の状態によっては、治療計画どおりの結果が得られないことがあります。
  • 装着したまま糖分の入った飲料をとると、虫歯を発症しやすくなります。
  • 治療によって、まれに歯根吸収や歯肉退縮が起こることがあります。
  • 治療途中で、ワイヤーを使う治療への変更が必要になることがあります。
  • お口の状態によっては、マウスピース型矯正装置に加えて、補助矯正装置が必要になることがあります。
  • 治療完了後は後戻りを防ぐため、保定装置の装着が必要になります。
  • マウスピース型矯正装置は薬機法(医薬品医療機器等法)においてまだ承認されていない医療機器です。日本では完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済措置の対象外となることがあります。
※薬機法において承認されていない医療機器について

リンガルブラケット矯正装置におけるリスクと副作用

  • 歯の動き方には個人差があります。そのため、予想された治療期間が延長する可能性があります。
  • 矯正装置の扱い方、定期的な通院など、矯正治療では患者様の協力が必要不可欠であり、それらが治療結果や治療期間に影響します。
  • 最初は矯正装置による違和感や痛み等を生じる可能性があります。一般的には、数日間~1、2 週間程度で慣れることが多いです。
  • 矯正治療中に問題が生じた場合、当初の治療計画を変更することがあります。
  • 歯の形状の修正や、咬み合わせの微調整を行なうことがあります。
  • 治療中に「顎関節で音が鳴る、あごが痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  • 治療によって、まれに歯根吸収や歯肉退縮が起こることがあります。
  • 治療後に親知らずが生えて、歯列に凹凸が生じる可能性があります。
  • 矯正装置を外した後、保定装置を指示通りに使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  • 矯正治療中、口腔内の衛生ケアが不十分であると、虫歯や歯周病などの疾患にかかる可能性が高くなります。
  • 治療に金属などのアレルギー症状が出ることがあります。